ブログ

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、「接触性皮膚炎」の一部である「アレルギー性皮膚炎」に分類され、 
原因物質(アレルゲン物質)が金属の場合の疾患となります。

湿疹の一つ「接触性皮膚炎」は、何らかの外的刺激が肌に接触することで、
接触した部分に湿疹を生じる疾患です。
「かぶれ」とも呼ばれ、接触した部分とそうでない部分ではっきりと境界が見えるのが特長です。
かゆみや痛みを伴う場合もあります。
接触性皮膚炎の内「アレルギー皮膚炎」は原因物質に繰り返し触れることで湿疹が現れます。 

アレルギー皮膚炎の原因は人それぞれで、様々な物質が原因刺激となりえます。
多いものとしては、植物(うるし、銀杏、アロエ等)、金属(水銀、ニッケル、コバルト、スズ等)、 
化粧品、ゴム、シャンプー、衣類(下着、オムツ、手袋等)、外用薬(湿布、軟膏等)が挙げられます。 

肌に違和感を感じた際には、放置せず早めに皮膚科に相談する事をお勧め致します。 
・金属アレルギーが起きるまでの過程 金属製の物を着用 → 汗等で金属が溶けだす → 溶けた金属がイオン化
→ 体内へ浸透 → 体内のタンパク質と結合し「アレルゲン」となる → アレルゲンに対する「抗体」が体内で作られる 
→ 金属アレルギー発症 
尚、金属アレルギーの疑いがある場合には、パッチテストを行い、原因物質の特定を行う事をお勧め致します。 

当社の経験では、金属アレルギーかも?と疑いを持たれた「かぶれ」の多くが、 実際には『汚れ』(細菌等の繁殖や
界面活性剤等の付着)や『擦れ』が原因の「接触性皮膚炎」でございました。
  • 金属アレルギーとは? はコメントを受け付けていません
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る